肝機能の改善|みらい文化ファームは、黒にんにくの通販を行っています。青森県産ホワイト6片使用<みさ子バーチャンの黒ニンニン>

みらい文化ファーム
  • 買物カゴ
  • 会員登録
  • ログイン
黒ニンニク発祥の地、三重県からお届けします
肝機能の改善

にんにくにおける肝機能の負担軽減効能は主に「糖質の代謝促進」「抗酸化作用」「抗菌・殺菌作用」の3つがあげられます。

ひとつめは糖質の代謝促進 肝臓が糖質を代謝する際に必須なのがビタミンB1。ビタミンB1が不足すると糖質の代謝ができず、肝臓に負担がかかることになります。
にんにくに含まれるアリシンはビタミンB1と結合することでアリチアミンという物質に変化します。アリチアミンはビタミンB1を調理過程で失われにくくし、また消化吸収をスムーズにしてくれます。また、血液中に蓄えておくことができるようになるため、ビタミンB1を不足を大きく軽減します。
そのため、肝臓における糖代謝不足が軽減され肝臓の負担を軽くする効果があります。

そして抗酸化作用 にんにくには活性酸素を除去する抗酸化作用があります。これはにんにくに含まれるビタミンEやポリフェノール類、そして硫黄化合物によるものです。
にんにくの抗酸化作用は過酸化脂質の発生を抑制するので、脂肪肝や肝硬変、肝臓癌といった肝臓障害を予防・改善する効果があります。

さらに抗菌・殺菌作用 にんにくにはアリシンという成分を含み、強力な抗菌・殺菌作用があります。
肝臓の働きで大きな負担になるのが解毒作用です。にんにくの抗菌・殺菌作用は肝臓が解毒する細菌やウィルスを排除する効能があるので、肝臓の負担を軽減し、肝機能を強化する効果があります。

これらは生にんにくの成分が発揮する効果ですが、黒ニンニクに発酵・熟成させる事によりその効果は何倍にも強化されるというわけです。

黒ニンニク 効果 青森県産 肝機能の改善

このページの先頭に戻る