ほんとの初めから黒にんにく作ってみるよ - みらい文化ファームの青森県産の黒にんにくブログ

みらい文化ファーム
  • 買物カゴ
  • 会員登録
  • ログイン
黒ニンニク発祥の地、三重県からお届けします

ほんとの初めから黒にんにく作ってみるよ

こんにちは!健康維持にもってこい、青森県産ホワイト6片通信販売の「みさ子バーチャンの黒ニンニン」販売担当のタケです。
どうせブログ書くなら誰かの役に立つこと書いていこうと思ったんだ。
それで思いついたのが「1から作る黒ニンニク」ってわけ。

これからズブの素人が裏庭や小さな畑なんかで黒ニンニクをほんとの種から作るところをライブで書いていくよ。
俺は作った事あるし、みさ子バーチャンが作るのも少し見てるから分かってるつもりなんだけど
そうじゃなくて、全くの素人が庭で初めて作るって目線で書いていくよ。
肥料や道具もなるべく一般の人が用意できるものを使うからね。
ほとんどライブで書くから10月の末に種植えて来年の5〜6月頃収穫、それから黒ニンニクに熟成させるから完成まで9〜10か月ってとこだよ。
まぁ気長に読んでおくれよ。

え?黒ニンニク買う方が安いんじゃないかって?
まぁそれは考え方だと思う。
例えば青森県産のホワイト6片の種を買うと今は1片あたり60円前後かな。
それを育てると白いニンニク1玉になるよね。で、それを黒ニンニクにする。
今市場に出回っている黒にんにくは青森県産の種だと1玉500円〜600円くらい。
ちなみに「みさ子バーチャンの黒ニンニン」は1玉550円だよ。
60円の種→肥料代、マルチ代、耕したり草引いたりの手間賃、黒ニンニクにする電気代→550円の価値の黒ニンニク
って感じ。手間賃をどうとらえるかは人それぞれだよね。俺は自分で作った方が絶対安いと思うけど。
自分で作ったのはまた値打ちが違うしね。

それと大事な事がひとつ!住んでるとこで作れる、作れないがあるって事。
詳しく言うね。黒ニンニクっていうのは出来上がってしまうと匂いはほとんど気にならないんだけど熱を加えて発酵させてる時にものすごい匂いを発するんだ。
今回はズブの素人が作る黒ニンニクだから発酵は市販の炊飯器でするけど同じこと。
それはそれは物凄い匂いが1週間は続くよ。
だからマンションのベランダなんかは言うまでもない。育てる庭があっても住宅街で左右に家が密集してるとこなんていう所は残念だけどあきらめた方がいい。こんなとこ。
住宅街
ま、近所中みんなが作るっていうなら話は別だけど。
そんな条件のとこ住んでる人はまぁ白いにんにく作る参考にでもしておくれよ。

じゃ、始めるよ。
まずは庭や畑。小さくても大きくてもいいよ。俺は裏庭を使うからこんなとこでやるね。
裏庭
あ、また横になっちゃった。ごめんね直し方わかんないの。
ここでだいたい7mX5m。およそ10坪程度だよ。
ここより大きくても、小さくても全然問題ない。ちなみにここは去年黒豆植えて収穫してからずっと放ってある。
写真撮る前に一回耕したけどね。

使う道具はこのくわだけ。本当にこれだけでやるよ。
くわ
あぁまた横だよ。
当面の作業を言うと、10月の24日からの週に種を植え付ける予定にして。
それまでに肥料をまいて耕す(台風来てるから明日以降だね)畝(うね)を作る。マルチを貼るって作業をするよ。
じゃ、台風行った後だから今週末くらいかな、肥料まいて耕すとこやるよ。ちゃんと市販で安く買える肥料とか紹介しながらね。

またね!「みさ子バーチャンの黒ニンニン」販売担当タケでした。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 自然食品へ
にほんブログ村
















このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る