硬めの粒、柔らかめの粒 - みらい文化ファームの青森県産の黒にんにくブログ

みらい文化ファーム
  • 買物カゴ
  • 会員登録
  • ログイン
黒ニンニク発祥の地、三重県からお届けします
2017年03月29日 [黒にんにく]

硬めの粒、柔らかめの粒

やっと春めいてきましたね!「みさ子バーチャンの黒ニンニン」販売担当のタケです。
今回は黒ニンニクの粒の柔らかさについて少し書いていこうと思います。
「みさ子バーチャンのはベチャベチャじゃないので食べやすい」という意見をへ良くもらうんだ。
で、硬めのと柔らかめの粒を並べて写真に撮ってみた。こんな感じ、わかるかな?相変わらず俺写真ヘタだなぁ。
黒にんにく
左側が柔らかめの粒、右側が硬めの粒だよ。パッとみてわかる特徴としては硬めの粒は縦に筋が入ってて光沢が少ないのに対して柔らかめの粒は筋がなくて光沢があるんだよ。写真がヘタで申し訳ないけど、よくみると右側はシワが縦に入ってるよね。
剥いた粒を手に持ってもわかるよ。かなり柔らかめの粒は手に黒い汁がついちゃうから。
で、どうして「みさ子バーチャンの黒ニンニン」はベチャベチャしてなくて食べやすいと言われるか?
答えは・・・わかんないの・・・・
上の写真の粒もどちらも「みさ子バーチャンの黒ニンニン」だしね。みさ子バーチャンに聞いてもわかんないの。多分昔からやってるみさ子バーチャンの作り方でやってるから言葉で説明しようとしてもできないんじゃないかな。職人ってそんなもんだよな、って理解してる。
青森県産ホワイト6片ってのは全ての玉に同じ大きさの粒が5〜7粒入ってるわけじゃないんだ。それはどんな種類のニンニクでもそうだと思う。
大きい粒6割、中くらいの粒3割、小さい粒1割、って感じかな。
それに熱と湿度を加えて発酵させていくわけなんだけど、当然大きい粒より小さい粒の方が熱の入りは早いよね。小さい粒の中心まで熱が入ったときに大きい粒の中心部にはまだ熱が入りきってないって状態を想像すると分かり易いかな。
みさ子バーチャンは毎日玉の位置を入れ替えて熱が均等に行き渡るように頑張ってるけど、それはそれぞれの玉に対してで粒の位置をどうこうする事は出来ないんだよ。
俺の考える硬い粒、柔らかい粒が出来る原因はこういう事かなぁ。大きい粒が完全に発酵するまで窯から出さないから大きい粒より小さめの粒の方が少し硬くなるってわけ。俺説明ヘタだな。
そんなわけで「みさ子バーチャンの黒ニンニン」にも硬めの粒、柔らかめの粒はあるという話。俺の個人的感想としては硬めの粒は確かに食べやすいけど甘さは柔らかめの粒の方があると思う。
以上、今回は硬めの粒、柔らかめの粒に関する考察でした。じゃ、またね!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 自然食品へ
にほんブログ村



このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る