黒にんにくに含まれるS−アリスシステインについて - みらい文化ファームの青森県産の黒にんにくブログ

みらい文化ファーム
  • 買物カゴ
  • 会員登録
  • ログイン
黒ニンニク発祥の地、三重県からお届けします

黒にんにくに含まれるS−アリスシステインについて

こんにちは、「みさ子バーチャンの黒ニンニン」販売担当のタケです。通信販売で青森県産ホワイト6片を黒にんにくにして販売しているんだよ。
今日は黒ニンニクに含まれるS−アリルシステインについて書いていくよ。
何か舌嚙みそうな名前だけど、なかなかどうして、スゲー成分なんだよ。まず第一に覚えておいてほしいのはS−アリルシステインってのはにんにくにだけふくまれる成分なんだよ。世の中にはいろんな食べ物あるけどニンニクにしか入ってないって事!これはスゲーよな。
S−アリルシステインの効能だけど、抗酸化作用と抗ガン作用だと言われてる。前にも説明したけど、生活習慣病とか老化とかいろいろな病気の元になる悪い子が活性酸素。その活性酸素をやっつける作用が抗酸化作用ってわけ。抗ガン作用はあまり強調して言わないけど、「たけしの健康エンターテイメント」って番組で以前特集してた。いろんな学者が研究してちょっとは効果が実証されてるんだろうな。その他認知症やお勉強の能力を高める効果もあると言われてる。
で、いつもの黒にんにくにすると何倍に?って話だけど、S−アリルシステインはだいたい4〜5倍になる。ゲッ摂りすぎじゃないか?って思うかもしれないけど心配ないよ。
S−アリルシステインは水溶性なんだよ。血液の中で悪い子の活性酸素や悪玉コレステロールと戦ったあとはすみやかに腸から吸収されて去っていくんだ。
ウルトラマンなんだよ!

黒にんにく ウルトラマン
恰好いいよな、潔いいよな!
真面目な話、今世界中で結構注目されている成分なんだ。って事はニンニクにしか含まれないからニンニクが注目されてるって事だよね。
やっぱり偉いね!にんにく
じゃ、またね!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 自然食品へ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る