種とマルチを用意する - みらい文化ファームの青森県産の黒にんにくブログ

みらい文化ファーム
  • 買物カゴ
  • 会員登録
  • ログイン
黒ニンニク発祥の地、三重県からお届けします

種とマルチを用意する

「みさ子バーチャンの黒ニンニン」販売担当のタケです。通信販売で青森県産ホワイト6片を黒にんにくにして販売しています。
前回書くの忘れてました。植え付けまでに種とマルチを用意しなけりゃね。

まずは種だね。前回も言ったけど基本ニンニクは強いからスーパーで売ってるニンニクむいて植えても少しは育つ。ただそういうのは冷蔵庫に長く入ってたり、発芽抑制がされてたりする場合が多い。そうなるとなかなか植えた分のほとんどが発芽するとは限らないのよ。やっぱりちゃんと種用のを買って植えるのが間違いないよね。どこで買えばいいか分からない人は 「にんにく」 「種」で検索してみるといい。色々売ってるから。俺も検索してみたら例えばベジタブルガーデン・ハラダってとこだと福地ホワイト6片の2L級がだいたい1粒(1粒ってのは種1粒っていうことね、にんにくバラして6片のうちの1片ってことね)55円くらいだな。なるべく大きなサイズを買った方がいいよ。あと青森県産ホワイトってのはこだわった方がいいと思う。やっぱりどうせ自分で作るなら高級な種がいいよね。
白いにんにく

あと何個買えばいいかって話だけど、それは各自の庭や畑の大きさによるなぁ。参考までに1人が1日1片づつ食べるとして1年分だと365片必要で、にんにく1玉に6片入ってるとすると365÷6=60.8、 まぁ60玉作ればいいって話。家族分も考えるならここから計算していくといい。
いくつ欲しいか決まったら庭や畑のサイズとの兼ね合いを考える。横のニンニクとケンカしないくらいの植え幅をとる(最低15cmは離して植える)と例えば1mX1mの土壌に植えると最大36粒植えることができる。上記の60玉欲しい人は1mX2m程度の土壌があればいいって話だね。そんな感じで数を出していけばいいよ。もっとすごい数(1,000玉とか)を考えてる人は畝(うね)を作ることも考えてね。畝幅を1m、うねとうねの間を30〜40cmとるとして計算してみたらいいよ。あ、うねってのは検索してみてね。植え付け前にくわで作るよ。それはまた後でね。

あとはマルチを買っとく。これは近くのホームセンターで買うかNETでも買える。マルチで検索するとマルチ商法みたいなの出てくるからマルチフィルムって検索するといい。穴あきマルチの方が植え付けが楽だよ。こんなのでだいたい2,000円前後で売ってる。
穴あきマルチ
穴あきマルチ2
マルチってのは畝にかぶせていくポリエチレンのフィルムなんだけど、色々効果があるんだ。まぁなくてもいいっちゃいいんだけど。
主だったとこ挙げとくと
・土壌の乾燥を防ぐ
・土の跳ね上がり防止
・雑草の抑制
なんかだよ。特に雑草の抑制ってのは結構あとあと楽だよ。春になって雑草がはびこってくるとこれの良さがわかるよ。

これだけ用意すればあとは畝立ててマルチ張って10月24日の週に植え付けるだけだよ。
俺も明日もう一回裏庭耕しておこうっと。じゃまたね!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 自然食品へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る