種まき2〜3週間前の肥料 - みらい文化ファームの青森県産の黒にんにくブログ

みらい文化ファーム
  • 買物カゴ
  • 会員登録
  • ログイン
黒ニンニク発祥の地、三重県からお届けします

種まき2〜3週間前の肥料

どうも!健康維持にもってこい、青森県産ホワイト6片通信販売の「みさ子バーチャンの黒ニンニン」販売担当のタケです。台風は去ったけど本当に雨多いな。
種まきは10月の24日の週にすることに決めて、今日は肥料をまくよ。2〜3週間前にまいといて土になじませとくのがいいのよ。

これは覚えておいてほしいんだけど、基本ニンニクってのは結構強い!って事。極端な話その辺の道端に種プスッと5センチくらい差し込んどいても育ってくるよ。だからそんなに神経質になる必要はない。
あえて言えば普通はほっとくと土っていうのは酸性にかたむくんだけど、ニンニクはアルカリ性の土を好む。だからリン酸肥料と苦土石灰を少しやっとくといいんだ。

それじゃいくよ
まずは‘ようりん‘。これはホームセンターのコメリで1,450円で売ってた。こんなにいらないけどこれより小さいのはなかったな。
ようりん
これを半分まきまきするとこうなる。砂状だから手で花咲か爺さんみたいにまくだけ。
ようりん土

次に‘苦土石灰‘これもコメリで528円。
苦土石灰土
これも花咲か爺さんまきで半分まく。苦土石灰は土がリン酸を吸収する助けをするんだ。こうなる。
苦土石灰土

そして最後に牛ふん。鶏糞とかバークたい肥とか色々売ってるけど、まぁ牛ふんが無難だな。コメリで298円。
あ、俺別にコメリの回し者でも何でもないからどこで買ってもいいのよ。参考までにね。
牛ふん
これも花咲か爺さんまきで、これは全部まく。これはほんとに肥料だから少々まきすぎても問題ない。
牛ふん土

で、耕すだけ。ね?簡単でしょ?耕すってのは肥料を混ぜ込むためっていうのはもちろんだけど、土に空気を入れて柔らかくするっていう目的もある。だから植え付けまでに何回か耕しておくのもいいよ。
上記を参考に自分の庭や畑の大小でだいたいの量を加減すればいい。今回使ってる俺の裏庭は約10坪ね!
じゃ、今日はここまで。10月24日の週に植え付けるまで土はこれで寝かせておくよ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 自然食品へ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る